結婚式の引き出物は相手を気づかって

新郎新婦から結婚式への出席のお礼として参列者がもらう引き出物。

選ぶ側の新郎新婦は二人を象徴するもの、特に気に入っているものなど決めることにもかなりのエネルギーを注ぎます。一昔前なら陶器やグラスなど重くかさばるものが多かったものですが、もらった方もそれほど使うことがない品物と敬遠され、さすがにそういったアイテムが選ばれることは少なくなりました。

それでも特別な一品を贈るというのにありきたりのものではダメだという意識から、有名ブランドの飾り物などはまだまだ人気がある引き出物の一つです。実際にもらう側は親しい友人から仕事付き合いのある人や親戚など年齢層はばらばらで、結婚式に集まった人たちとはいっても生活や価値観などが異なる人は多く、贈る相手を考えると全員に喜んでもらえるものを探すのは難しいことです。

そういった理由で人気が出たのがギフトカタログです。メンズ、レディースに分けられたアイテムからリビング用品、グルメ食材やお酒など様々な商品が集められ、受け取った人は後日、自宅から好きなものをオーダーするというシステムです。

そうすれば結婚式の後にかさばる引き出物を持って歩く必要もありませんし、使えるものをもらうという合理性も大きなメリットです。カタログは贈る側の予算次第で選べるのも便利です。最近ではカタログの内容にも工夫がみられ、珍しい体験プログラムなど、これまでとは違ったユニークなギフトも盛り込まれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *