結婚式の引き出物の選び方と注意点

結婚式に出席したゲストにとって、引き出物はもしかしたら最大の関心事かもしれません。

センスの良い引き出物だった場合は新郎新婦への好感度が上がりますが、そうでなかった場合には今後のお付き合いのあり方が変わってしまう可能性もあります。引き出物選びは夫婦の力量が問われるといっても過言ではありません。ではどのような点に注意して品物を選べばよいのでしょうか。まず注意しなければならないのが引き出物の数です。

結婚式では割り切れる数=偶数は縁起が悪いとして避けなければなりません。そのため品数は3にする場合が多いようです。次にその内容ですが、形が残るものの他にお引き菓子と呼ばれる菓子類を加えます。お引き菓子にはバームクーヘンやパウンドケーキといった日持ちのする焼き菓子やヨーロッパで縁起のよいお菓子といわれているアーモンドドラジェが定番です。

形の残る品物としてもっとも多く使われているのがカタログギフトです。ゲストがそれぞれ好みのものを選ぶことができる点や、かさばらず重すぎないため持ち帰りやすい点が支持されています。多くの結婚式で引き出物として使用されているためマンネリ化という欠点もありますが、体験やグルメなど内容を限定したカタログで差別化をはかるとよいでしょう。

他に食器やタオル、入浴剤なども人気の品物です。ただし食器の場合は割れるという連想から結婚式にはふさわしくないと考える方もいるので注意が必要です。また新郎新婦の名入れのオリジナル品には使用しづらい、処分しにくいといった意見もあります。これらを踏まえて品物を選んでいくことになりますが、新郎新婦だけで決めることが難しい場合は、結婚式場のウエディングプランナーに相談しましょう。最新のトレンドや評判の高かった商品などのアドバイスを貰えるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *