引き出物の由来と進化

引き出物は、もともと宴の席でお土産の馬を引き出して見せたのが由来だと言われています。

当日の宴に出された料理などを「お土産」として持ち帰って頂くものが引き出物でしたが、現在は、結婚披露宴の出席者に、おもてなしや感謝の気持ちを込めた記念品を持ち帰ってもらうスタイルになっています。持ち帰っていただく品数は、大抵の場合、奇数で用意されます。偶数であると割り切れてしまうので、別れがないように、3点や5点などの奇数で用意します。

また、地域によって、そこならではの慣習やしきたりもあるので、両家の親や親族に商品選びの事前相談をする事も大切になります。結婚披露宴の当日に持ち帰ってもらう感謝の気持ちを込めたお土産ですので、引き出物は大きく見栄えのあるもので、個数も多い方が良いと考える方もいらっしゃいます。
しかし、遠方から参列する方や、高齢な方には重たくかさばる荷物は負担になります。カタログギフトに根強い人気があるのは、好みに合わせてお相手がご自身で好きな品物を選んでいただける事に加えて、重たくいないので、負担をかけずに持ち帰っていただけるからです。

最近は、引き出物自体を宅配するサービスもでてきています。参列者が身軽で帰れるので、悪天候の時やニ次会への移動も楽になります。宴の時に見せたお土産の馬が、料理のお土産になり、感謝の気持ちを込めた記念品になりましたが、引き出物がカタログや配送品になる時代が来ているのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *