引き出物のカタログギフトが人気

一昔前は、結婚式の引き出物というと、ガラス製の高級花瓶、多くの種類の調味料などがありましたが、どれも重たいもので、ご老人、か弱い女性、身体が不自由な方にとっては持って帰るのが負担でした。

また、お祝い事の席なので、おめでたいということでたくさんのお酒を飲む方もいて、やはり重たい引き出物は持って帰るのが大変でした。

特に遠距離からの出席者にとっては、長い道中ずっと持ち帰らなければならないということもあって、持って帰るだけで疲れてしまうということが多々あったのです。

また、引き出物の内容もそれほど喜ばれないものがあり、新郎新婦の顔写真が入った大皿は、新郎新婦にとっては思い出の場所、2人を祝って欲しいという気持ちの象徴なのですが、もらった方は使い道にも処分にも困るものでした。

そこで最近は、カタログギフトで持ち帰りを軽量化して、出席者に負担をかけないようにすることがだんだんと主流になりつつあります。

このシステムのいいところは、引き出物だと、大袋か小さい袋かで、出席者へのお礼を区別しているのがわかってしまいますが、薄いカタログギフトだと外側から見てもわかりません。

また、カタログギフトのいいところは、そうやって、特別にお世話になった人や大切な来賓に、高額なカタログギフトを贈って、縁薄い親類や友人などには比較的安価な種類を選択することもできるというところです。

また、もらってから、何を選んで取り寄せるのかということは、楽しみでもあります。自分で選べる楽しみも一緒に贈れるということは、相手への最高のプレゼントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *