引き出物のカタログギフトの利用の仕方

結婚式を前に新郎新婦が考えることはたくさんありますが、頭を悩ませることの1つに引き出物を何にするかということではないでしょうか。

しかし最近はカタログギフトを利用する新郎新婦が多くなってきました。

これの良いところは新郎新婦が品物を選ぶ必要がなく、ゲストが好きなものを選ぶことができるということです。

また、荷物にならないので遠方からのゲストにとって負担にならないというメリットもあります。では、引き出物としてはどんなカタログを用意すればよいのでしょうか。引き出物のカタログギフトは値段ごとに種類が分かれていて、1冊で同じ価格帯の様々な商品の中から自分が好きな商品を選ぶことができます。

ただし、ご祝儀は新郎新婦の友人、親族、勤め先の上司などによって相場がありますから、ゲスト全員に同じものを渡すのではなく、ご祝儀の相場を考えて贈り分けすることが大切です。ただし、引き出物のカタログギフトは万能ではありません。

心がこもっていないと感じる年配者の方、地域や家の習慣から外れた方法に気分を害する方がいないとも限りません。

また、高齢者の方の中には小さな文字を読むのが煩わしく、面倒に感じる方もいらっしゃるでしょう。

事前にそれとなく調査してそのような方には従来通り品物にするほうが良いでしょう。とはいうものの、引き出物のカタログギフトは定着しつつあります。品物はもちろんのこと表紙なども結婚式にふさわしい作りとなっています。

ゲストに満足していただくためにも有効に利用できるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *